FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローン犬 

1400万円で死んだ愛犬のクローンを
というNEWSを観る。

う~ん。どーしても「エイリアン4」を思い出してしまう。
ちょっとしたトラウマ。
まあ気持ちはわからないでもないけどね。
私も前猫andyの遺骨は、ダイヤにしていつも一緒にいたい、とか密かに思い詰めて、長く手元に置いてあったもんだから。
ちょっとイタイ人になるところやったかも。
あと「冷凍睡眠」で、未来では難病の治療法ができている可能性を信じて、とか、
パラレルワールドで違う世界もあって、そこではトロは元気で生きている、とかね。
まあ、夢ですワな。

ああ、萩尾望都(モー様)の漫画読みたい。


090211-1

つーか、リュウがこんなに大食いで食い意地の張った怖いモン知らずの猫になるとは思いもよらなんだ。
一説では、育つ環境よりもDNAの方が勝つらしい。
違う環境で育った人間の多胎児でも、なぜか似たような運命や境遇や性格になるという研究なんかもあったりして。
猫はどーなんやろう?まあ、性格も千差万別って事やね。

コメント

クローンや剥製....何だかなぁ~
姿は無くても、心に残ってるから、それで良しと思うけど....
氏か育ちか?・・・やっぱり氏は大きいのかな?
育ちだとしたら、なんで?と思うことが多すぎるもんね。

遺骨がダイヤになるというのを、去年ポンタの葬儀の時に初めて知りました。
正直、未だにちょっと未練があります(^^;
時間が戻ればいいと思ったことは何度もありますが、クローンは考えたことはありませんね。
やっぱり同じ姿をしていても中身は違うと思うし、一緒に過ごしてきた時間の積み重ねがないから癖とかも違うだろうし。
その子とは一期一会だと思います。

クローンを作りたい・・・気持ちは理解できるけど、
唯一の存在だから大切にしたいって思いますよね。
というか、ピピンが何匹もいたらドタドタうるさいし、
うずらが何匹もいたら医療費がかさんでタイヘン。
やっぱり二匹は二匹かな。

>ANKO様
剥製?ペットを?それはコワイですねぇ~。
私は山育ちなので、どうも剥製は獲物って感じです。
まあ、科学者の方達は、理論が確立されたら実証してみない事にははじまらないんでしょうけど。ビジネスにしようとする(人?)がなんだかなぁって感じですね。

>竜田姫様
かな~り昔から、もうダイヤにするんだと思い込んでいて、実際逝っていまったあとに、色々調べたりもしていました。ダイヤじゃない比較的安価な色付き石なんてのもありましたよ。勾玉みたいな形に引いてやめました。トロのおかげで土に還す事ができてよかったのだと今は思っています。
癖とか性格...さて、そこでDNA有利論の登場です。
まったく同じではないけど限りなく近い....

>uzurappi様
対象が生きている間にクローンを創るのは、たぶん実験動物以外ではナイと思いますよ(笑)
あとブランド食肉牛とか、野菜の品種改良とか?
ブリーディングなんかもDNAを残したいって事の一種なのかもしれませんね。
ピピンさんやうずらさんがいっぱいいてお迎えしてくれたら....タイヘンそうですね^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lionathome.blog47.fc2.com/tb.php/319-4f284ada

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。