スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れてゆく月日 

命日。
とてもグルーミングが上手でスマートな猫でした。
ウチに来た時と、消え行く時しか病院のお世話になった事もなく、

090219andy

煮染めたボロゾーキンと言われようとも、
箱入りのお嬢で、美人で、気高く、やさしくて上品なお利口さん。
こういう凹む日々が続く時は、彼女に慰めてもらいたいよう。。。

コメント

andyちゃん

素敵な猫さんだったのでしょうね。
トロちゃんと一緒に猫の天国で
元気に走り回ってくれていればいいなぁ。
コンクールに出るような美猫でなくても、
飼い主にとってはONLY ONEですから。
あらためてご冥福をお祈りさせてください。

andyちゃんの命日なんですね。

艶があってとても綺麗です。
お腹は白いのですか?
サビ猫さんを近くで見たことがないんので抱いてみたいです。
andyさん元気だしてくださいね。

この子がアンディちゃんでしょうか?
サビは見た目で損をしていますが、賢くて性格の良い子が多いです(^^)
我が家にも昔、ニケというサビの子がいました。
人間大好きな、病院に連れて行ってもゴロゴロと喉を鳴らす良い子で、亡くなってから4年経った今でも先生はニケのことを思い出してくれます。

>uzurappi様
ほぼ自分の分身のような猫で、
空気のような存在でした。
トロと一緒にいてくれてるかなぁ。
いまだにやっぱりダイヤ(黄色か茶色の)にして、自分が亡くなった時一緒に納骨してもらえばよかった...と思う事もよくあります。

>an様
おなかの毛は白かったのです。
(トロと良く似た部分)
サビ猫は毛色の違う部分で毛の感触も違ってて、手触りが不思議な感じです。
でも生前はこういう柄がサビだという呼び方だと知らなかったんですけどね。

>竜田姫様
かしこ...くはなかったと思うのですが、今思うと、大人しくまったく手のかからない猫でした。
ウチも4年絶ってしまいました。早いものですね。アンディもトロもいなくなったのに、どーして私は生きていけているのか不思議な感じです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lionathome.blog47.fc2.com/tb.php/330-200936d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。